くだもの

くだもの

くだもの

産直くだもの

旬のくだものを産地で適熟させ、おいしい時期にお届けします。農薬も必要最小限に止めています。くだもののケースやパックに生産者や栽培方法が分かるカード(アンケート付)を付けて、組合員の評価が生産者に伝わるようになっています。


八ケタ会りんご・巨峰

見栄えより味を大切に、木で熟しています。果物で一番人気のりんご・巨峰です。

  • 生産者:八ケタ会(長野県長野市赤沼と豊野町地域)りんご21名、巨峰6名
  • 【八ケタ会と私たち生協との関係は1973年から始まりました。まだ、『産直』がものめずらしかった時期です。当時、りんごはほとんど袋がけされていました。しかし、八ケタ会の生産者は「太陽の光をいっぱい浴びた美味しいりんごを作りたい・・・」そして私たちは「安心して丸かじりできるおいしいりんごを食べたい・・・」双方の思いを原点に、八ケタ会の生産者と組合員が一緒になってつくり育ててきたりんごと巨峰です。
  • りんご
    9月~3月まで数種類のりんごが楽しめます。
    つがる、千秋、紅玉、秋映、シナノスイート、王林、ふじりんごは無袋栽培・・・十分な日光を浴びさせることにより、自然な色づきとなり、熟度を見極めることができます。
    りんごは目合わせをしています・・・毎年出荷時には生産者が一同に会し、組合員の代表も参加してりんごを目の前にして、出荷基準を決めています。
    栽培・・・土づくりを大切に、除草剤も使わず、農薬(環境ホルモンの疑いがある農薬は使用していません)散布は一般栽培の半分くらいです。
  • ぶどうの色は味に関係します。
    私たちの巨峰は、紫黒色で早どりせず木でしっかり熟した美味しい巨峰です。

みかん

4産地から適期に併せてお届けします。農薬もできる限り削減し、収穫前の防腐目的の防除も行いません。甘酸っぱく、味が濃い、コクのあるみかんです。
シーズン中(11月~1月中下旬)計画的に引き取れるように登録によってお届けします。

  • 生産者:植田農園(大阪府岸和田市)
    川口農園(和歌山県有田市)、アイワ研究会3名(和歌山県日高川町)仲田芳樹さん(和歌山県下津市)の4産地。
  • りんごやみかんの生産者と同様に以下のくだものの生産者と産直関係を結び、旬のくだものをお届けします。

産直くだものの種類とお届け時期

4月  いちご、木成り八朔、甘夏、
5月  セミノール、河内晩柑、エリザベスメロン、アンデスメロン、
6月  河内晩柑、小玉スイカ、ビワ、プラム、肥後グリーンメロン、梅
7月  デラウエア、スイカ、桃、さくらんぼ、
8月  デラウエア、桃、ブルーベリー、幸水梨
9月  つがる、千秋、巨峰、デラウエア、二十世紀梨、
10月  紅玉、秋映、シナノスイート、巨峰、刀根柿、平核無柿、新高梨、新興梨、栗
11月  みかん、ふじ、富有柿、ラ・フランス、王林
12月  みかん、ふじ、いちご、
1月  みかん、ふじ、いちご、キウイ
2月  ふじ、いちご、キウイ、伊予柑、ポンカン
3月  いちご、甘夏、木成りネーブル、デコポン、木成り清見オレンジ

ページの先頭に戻る