米

産直米

環境に負荷をかけない田んぼづくりから生まれたお米です。
産直米は5グループが生産しています。私たちのお米の生産者は消費者や生産者自身の健康への影響や田んぼや周辺に生息する生物に負荷をかけず、自然環境を守っていこうと農薬散布を極力減らしています。


環境に負担をかけない米作りとは・・・?

田んぼは本来、土中の微生物から水中生物、昆虫、野鳥に至るまで自然生物の宝庫です。田んぼの水は川から湖沼、海へと流れ流域の自然環境と密接に関係します。
農薬や化学肥料を多用した田んぼは、こうした生き物たちを遠ざけ、自然の循環を破壊します。田んぼは、自然環境の一部です!生き物が棲めるきれいな田んぼを子どもたちに残したいと願っています。

産直米と生産者紹介

  • 米沢郷米 品種 コシヒカリ、ひとめぼれ、つや姫
    生産者:ファーマーズクラブ赤とんぼ(山形県置賜地区)68名 「地域農業と環境を守り、安全な食べもの生産し供給する」ことをテーマに、高齢化が進む農産地で、生産者が組織を作り協同(若い生産者が高齢の生産者をサポートする)することで、地域農業を守っていくことをめざしています。都市の子供たちに田んぼの観察会を開催したり、毎年産直集会などで私たちとの交流も積極的に行っています。
    環境管理の国際規格ISO14001やJAS有機認証も取得しています。
    米作りも生物活性水や完熟堆肥をフルに活用して循環型農業を実践しています。
  • 久比岐米 品種 コシヒカリ
    生産者:ピュアライス久比岐(新潟県)6名
    産地は米どころ新潟県の南端、上越市にあり、小規模の耕作面積が多い日本の稲作農家にあって、この地域は大規模稲作農家が多いところです。生産者は新潟県で遺伝子組み換え稲作の反対運動を活発に行い、私たち生協も共に行動しています。
  • 竜おうみ米 品種 キヌヒカリ・秋の詩・みずかがみ
    生産者:竜王町稲作経営者研究会(滋賀県)18名
    琵琶湖の水質を守るため、環境保全型農業に取り組んでいます。
    滋賀県の環境こだわり農産物認証制度にそった栽培方法を行っています。
  • 遊YOU米 品種 「ひとめぼれ」と「どまんなか」をブレンド
    生産者:庄内みどり農業協同組合(山形県遊佐町)
    遊佐町全体で使用する農薬を減らそうという取り組みで、遊佐町で栽培されるお米の内6割近くが山形県の慣行基準の半分まで農薬を減らすことができました。石けん運動、地域内の環境保全型・循環型農業の推進など、常に先進的な試みを行う産地です。減反田を利用した米は平田牧場の豚の飼料や酒の原料になっています。

ページの先頭に戻る